忍者ブログ

幸福の味

私の幸福

私とは思えない自分は大人しい子供、それは外からのは、一つの包装。真実の私がないので、年齢になって、自己の反逆。私から親と口論する。私は認めざるを得ないで、私達の口もとてもすごい、よく相手を、自分をいじったのは体力不全も、そこで始まった休戦、冷戦などの形式の上演と変化。

私と両親の間のシーソーゲームをにぎやかてやまない時、私のよい友達の父親が亡くなったとき、彼女は泣きながら、「僕は本当に羨ましい君、今考えると両親の間の矛盾も幸せのため、彼らはあなたを愛して、あなたを愛しても能力やっと君とけんかし。」

はい、私は幸せな牛欄牌奶粉。私の幸福、愛の硝煙。私の靑春の幸せな味は、楽しいと苦しみ。

人間・本香り

一燈薄茶、1首の美しい曲、いい本だ。これが私の一番楽しみの時に。ここでは、味わっている様々同じ人生、見方となる。ここでは、人間を追い、「天生我材必有用」の李白豪気;ここで、人間が感じていた「潔く人間」の于谦鉄骨;ここでは、人間は、「今回の第を体得して、怎は1個の愁一字!」優しさの清照。本一冊持って、私は歩いて来た道を読んで、私はあなたの言った話、私はあなたの痛みを体験してかつて体験。ここでは、人間康泰

私の幸せは、本謎の香。私の永遠の幸せな味は――人間重君たち歩いた道を歩いて、私の本の香り。

私が見つかりました、あなたを探し当てました――私の幸福に満ちている、あなたは私の全ての生命を。私の幸せな味は、私を事細かに味わって營養素・・・・・
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R